« 〈担任が占師に児童の障害相談〉 | トップページ | トーキングカード »

「バイバイ」

夏の音楽ムーブメント最終回。託児の都合がつかず、ジェリーも一緒です。

今日は紙管と小さなボールを使ったプログラムで、紙管を楽器に見立てたり、積み木に見立てたり、ボールに見立てたり、ボールとセットでお花に見立てたり、こどもの創造性の育ちそうな素敵なプログラムでした。さいごはいつもどおりパラシュートを使って、さようなら。

来週はジェリーちゃんの年齢向けの体験会があるそうで、せっかくだからトムも同行して良いことに!ラッキー♪

 

帰りに、市の療育相談室にちょっと寄って、お友達の家に遊びに行きました。

お友達は年下の女の子なのですが、彼女のマイペースな性格と、遊んでいるおもちゃがちょうど今のトムとジェリーにピッタリなこと、親同士がとにかく気が合うことから、何かと行ったり来たりしています。

午後いっぱいたっぷり遊んで過ごした後、さあ、帰ろうと表に出て「バイバーイ」と挨拶し合っていたら、トムもまっすぐ手を伸ばし、相手に手の平を向けて、「バイバーイ」としていました。それも自分から。

今まで、バイバイと言ったり、手の平を自分側に向けて手をひらひらさせることはあっても、なかなか手の平を相手に向けてバイバイできなかったトム。

嬉しかった〜。

お友達のHちゃん母子は、トムが急成長を見せているこの夏、しょっちゅう一緒にいるので、トムの「初めての瞬間」に立ち会うことが多く、今回も一緒にじーんとしてくれました。

前回のムーブメントのときの自己紹介といい、ムーブメントのあとは心が少し開放されて、お喋りしたりする気分になるのかしら。

 

市の療育でのおはなしは、また後日。

|

« 〈担任が占師に児童の障害相談〉 | トップページ | トーキングカード »

◆ ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522034/42279199

この記事へのトラックバック一覧です: 「バイバイ」:

« 〈担任が占師に児童の障害相談〉 | トップページ | トーキングカード »