« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

9月のトム:

長い夏休みが終わりました。涼しかった山形から帰った後、ジェリー以外、暑さにバテちゃって。9月は咳と新学期でトムの状態が悪く、家での勉強もしばらくは手につかないような状況でした。長い休みのあとの登校にはエネルギーがいるから、休み明け直前まで旅行しているというのはよくないなと反省しました。

その余波か、遊んでばかりだったことからくる準備不足か、今学期から朝も電車通学(夫はそのまま通勤)のはずが、夫が「やっぱり車で行こうかなあ」と。電車通学の練習/朝の運動の継続/妹の生活/親の疲れ、これらのバランスと優先順位を、少し先の未来を見ながら考えていかなくてはなりません。順位づけが難しいな〜と思いますが、とても大切な課題です。


続きを読む "9月のトム:"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おだんごパン

お月見団子の代わりに、ジェリーとポンデケージョを焼きました。

100929paodequeijo1_2


続きを読む "おだんごパン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵会話

絵を交えたコミュニケーションがどんどんつながっていくトムと私。質問と答え(複数の選択肢)を紙に書いて鉛筆を渡すと、答えの選択肢の中からひとつ選んで○をつけられるようになり、字や絵をつかっての会話が一部成り立つようになってきました。

伝わるって嬉しい。伝えてもらえるって嬉しい。

昨日の絵会話は、「ボーネルンドに、ジェリーとお母さんと一緒に行きたいですか?」トム「ボーネルンドには行きたいが、ジェリーとは行きたくない!」はい、わかりました。

わが家の絵会話はPECSとも違って、どんどんオリジナル化してきています。結局、理論を下敷きに、目の前の子どもと呼吸をあわせてニーズをすりあわせていくしかないんだなーと、近頃しみじみ思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の支度

はああ。感激。

食卓でiPadしてたトムに「もう寝る時間だから、寝なさいね」と声をかけると、「(まだ)見たいです」と言いながら、OFFして階下へ。階上から「歯を磨いて、パジャマに着替えてね」と声をかけると、しばらくして全部終えたトムがニコニコしながら、階段をのぼって報告に。

お風呂も私と入らなくなってきたし。


続きを読む "夜の支度"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金の勉強

トム、小銭の勉強中。

100923money2


 

続きを読む "お金の勉強"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記を書く(1)

トムの日記。

夏休み前からこんな感じで書かせてます。絵カード+ひらがな一覧を手がかりに。毎日だとしんどいから、書けるときに。

100923diary1


続きを読む "日記を書く(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつ間違いを正すか

いつ?(When)をずっと「何月(なんがつ)?」と言い間違えてたジェリーに、やっと正しい言い方を教えました。たとえ間違えて使っていても、用法を定着させた後で間違いを正した方が合理的。ジェリーからSTの呼吸を手習い中の母です。

正しい用法にこだわるよりも、本人のモチベーションを育てる方が、数倍大事ですね。STの先生からも「まずは本人の言いたいように言わせてOK」と。意味が伝わればとりあえず前進、みたいな考え方かな。ジェリーにはモグラ叩きのようなダメだしは向いてないと思って(私がそういうの嫌いだから)、意識してダメだしを避けてみたんですが、障害のある子も同じ気がします。

意欲こそが言葉を伸ばすし、コミュニケーションの本質は言葉の正しさでなくてよいと思う、今日この頃。先回りして予習的に早期教育を行うのが療育で、復習的な関わりをするのが教育?復習メインじゃ障害児は伸びていかない??

ああ、また堂々巡りの命題に戻ってしまった。

「障害のある人の今を×と考えて、それを○にしようとしいるだろう。それではだめだ。今を○と考えてスタートして、後になってから、『ああ、あの頃は、×だったな』と思い返すようにしなければダメだ」冨安芳和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

療育と教育と子育ての境目

トムのぬりえがだんだんかたちになってきて、「まず枠をとるとキレイに塗れるよ」って教えるタイミングを息を詰めて見守ってる感じ。まだ今じゃない。あともう少し待たなきゃ、トムがやっと発芽させたモチベーションを、みすみす枯らしてしまう気がする。

療育と教育と子育ての境目を、母親は子どもと一緒に泳いでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子は親の鏡

子どものできる/できないは、親がどれだけ多角的に物事を見ることができるか、どれだけ心に遊びを持っているか。観察者の心の状態と相関してるんだなあ。親が疲れて短気になってると、できないところばかり目がつく。子どもの短所ばかりが目につく日には、自分を振り返った方がいい。そんな秋の日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族のポートレイト:アトリエ10年9月(2)

アトリエで、ジェリーが模造紙に大きな家族の絵を描きました。なんだかあったかくって嬉しかった。

お父さんはピンク、お母さんはオレンジ、トムは紺、ジェリーは緑。

ピンクがお父さん(遊んでくれる、安心できる人)、オレンジがお母さん(楽しい人)、紺色がトム(最近、ときどき拒否されてて寂しい)、緑色がジェリー(2学期がはじまって疲れてる)。色彩心理。全ての色に意味があります。占いみたいに単純ではなくて、バックグラウンドによって色の持つ意味が変わってくるのだそう。


100919atelier1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬりえに火がついた

すごい勢いでぬりえ中。

ちょっと前までは関心なかったのに、自分でクーピーを探してきた。親がどんなに誘っても本人から生まれたモチベーションには敵わない。ある意味、すごい敗北感。種まきが大事なんだと言い聞かせないと、やってらんない。

100917nurie1

続きを読む "ぬりえに火がついた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2学期の不眠

トムの新学期恒例の不眠がはじまってます(>_<)。…今回は3週間目から、とメモ。

視線が定まらず、集中力もとぎれがち。


続きを読む "2学期の不眠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

達成感と自己肯定感

ジェリーにヘタな口約束は禁物だし、トムには絶妙な達成感こそがマイナス要素を吹き飛ばす威力を持つ。

ジェリー3才8か月、トム8才4か月。

親の手の平のうえで転がらなくなってきました。


続きを読む "達成感と自己肯定感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車とキックボード

しばらく前からジェリーが自転車をほしがってぎゃんぎゃん言っていました。買ったら練習に付き合わなきゃいけないので、そんな時間のない私は聞こえないふりをしてたけど、トムがキックスケーターで自分で移動できるようになり、これならトムと一緒でもジェリーの練習につきあえるかも?と購入に踏み切りました。

ジェリーの自転車が届いて、ジェリーは補助輪+舵取り棒つき自転車、トムはキックボードで、家族でちょっと遠いスーパーまで家族で散歩。トムのキックボードがずいぶん上達しているのに気づきました。自転車教える前にこのままこれでブレーキ教えたいなあ…。疲れたジェリー、最後は居眠り運転してました。怖。

ジェリーはあっという間に1人で自転車を漕げるように。補助輪外しは、トムと同じ時期になるのかもね。それまでは当分、トム=自力キックスケーター、ジェリー=私と自転車で散歩するのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生きる」を楽しむ力を育てたい

「ルールブックを覚えないと野球はできないが、ルールを知っているだけでは野球は楽しめない。人生や社会も同じ。社会生活を楽しめるかは、ルールの知識の量ではない。」

これは、トムパパのオコトバ。

療育をしていると、ともすれば親子ともども頭でっかちになって、「生きるため」と称し、必要な知識を詰め込むことに集中してしまう。余裕がなくなってしまう。そういうときは自分の直感がイエローカードをだしていて、頭では何かが違うと思いつつ止まれない。ときどき、どうしようもない焦燥感に押しつぶされそうになります。

そんなとき、思い出したい言葉です。


続きを読む "「生きる」を楽しむ力を育てたい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家製アイスバー

生活クラブの缶ジュースで自家製アイスバー。

果汁100%。1本の原価50円以下。うまし。夏休みにこそ毎日つくりたかったけど、あんなナメクジみたいになった頭じゃ思いつかなかったのもムリはない。

この程度の自家製おやつなら、準備次第でトムにも簡単につくれるね。来年の夏休みは、自分の分は自分で用意させたいな。


100913icebar1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

堂島ロール

ジェリーと行った川崎で、予約していた堂島ロール。

人気のワケがよくわかりました。ふわふわで軽い。口の中で溶けていくようなロールケーキでした。


100911kawasaki2tate

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎へ

ジェリーと川崎に遊びにいきました。

ふと思いついて、ジェリーにも絵スケジュールをつくってみると、大好評。わかりやすいのと、トムと同じことをしてもらって嬉しいのとで、終始ニコニコ。


100911kawasaki1tate

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまつり

時期って来るモノですね。

地元のお祭りの太鼓、トムにいつか叩かせてみたいなあと思っていたところ、今年太鼓の存在に気づいた途端、やる気になりました。なので、来年は兄妹で参加してみることに。ジェリーの友達も動かずずーっと太鼓を見ていて、来年は3家族で融通利かせながら夜の練習に参加することになりそうです。

ま、ムリのない範囲でね。


100910matsuri1


続きを読む "おまつり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーシャルストーリー

キャロル・グレイの「ソーシャル・ストーリー・ブック」の参考書を読み返し、トムに伝えられることの多さにビックリしました。

ずっと咳をしているトムに、〈わたしがせきをしたとき、ほかの人にうつさないようにすること〉のページを読み聞かせたところ、聞き終わるとニヤリとして、口を手でふさいで咳をしたのです。カンペキ!感激!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

右○、左×

トム、口の中の左右の感覚がアンバランスなんですが、視覚や聴覚の聞こえにも左右差があるかも知れません。

右斜め前からの働きかけへの反応が際だって早い傾向を指摘され、視覚にもその傾向の可能性があるみたいですよ、と。たぶん、注意喚起の問題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウエストの右斜め前

ウエストの右斜め前だけ、いつもズボンや下着のゴムが捻れてる。身体の使い方に何か理由があるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LaQ パレット

祖父母から、LaQ1000ピース(パレット)到着!

オモチャを開けるのが待ちきれなくて包装をビリビリ破るトムの姿を始めてみました。トムは見本をみながら、ジェリーはヒントになりそうな絵やモノを見ながらオリジナルをつくるのに、夢中です。

トム、夏休みに買ったときは原寸大の見本にパーツをひとつひとつ重ねながらつくっていましたが、いつの間にか縮小見本でもつくれるように。意外と戦略的。

ただ、斜めの組み合わせで細かくつながるような設計図は、読み解きに疲れるみたい。奥行きの感覚をつかむのが苦手なのと似てるのかな。一直線のような単純さがないとまだまだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケジュールブックと身だしなみチェックシート

夏休みが明けました。

一昨日から夫が、昨日からトムが咳…。わたしの咳が1ヶ月続いてもうつらなかったのに、旅行後にちょっとバテたかも。山形から帰宅した途端、こちらのあまりの湿度の高さ、気候の不快さに、家族でやられてます。

夏休みの親の宿題。「身だしなみチェック」を助ける確認シートです。2学期のスタートにギリギリ間に合いました。

100830midasinami1


続きを読む "スケジュールブックと身だしなみチェックシート"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »