カテゴリー「 ● 参考書」の16件の記事

「自閉症スペクトラムの子どもへの感覚・運動アプローチ」

岩永先生の「自閉症スペクトラムの子どもへの感覚・運動アプローチ」を読んでいます。

すごくいいです。濃すぎて読み飛ばせません。付箋必携。今まで断片的に聞いたり、手探りで検索を繰り返して得てきた情報がまとまって載っている。

トムは感覚の問題がすべてを支配してるってくらい、感覚調整に困ってる子なんです。「感覚の問題さえなければ、もっともっと生きやすいだろうなあ…」と思うほど。そんなお子さんをお持ちの方には、ぜひぜひお読みいただきたい。

とくに9章は必見です。


続きを読む "「自閉症スペクトラムの子どもへの感覚・運動アプローチ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実行機能障害とは何か?

神奈川県発達障害支援センターの催す「発達障害のある方への特性をふまえた支援の実際」という研修会に参加してきました。講師は、NPO法人それいゆ西部地域センターのディレクター、水野敦之さん。

わたしは水野さんのブログ「BOUZAN NOTE」の読者で、最近の「注目をさせない支援」という記事があまりにも今のトムのことを表しているため、このところ何度も何度も読み返しては、考え込む日々を送っていました。

いま、わたしは何をすべきなのだろうか、と。

形式や他者の成功事例をポンと取りいれるのではなく、理解して納得したうえで、トムの支援のアウトラインをつくりたかった。これまで聞いてきた説明では、トムに合わせるのではなくトムを合わせるようで、どうしても納得がいかなかった。トムの特性を支援内容とすりあわせたかった。

そんな折、水野さんがツイッターで、「明日は藤沢〜」とつぶやきました!


続きを読む "実行機能障害とは何か?"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

佐々木正美先生講演レポート

夫の実家から重い箱が届きまして。

開けたらぎっしりドリンク剤。う、うれしい…。天山精V、効くのよね。薬剤師の義母が現役時代に好んで人様にお勧めしていた栄養ドリンクです。

同封されていたのは便せんではなく、ワープロ打ちされたA4のメモが3枚。

しばらく前に刈谷市で行われた、児童精神科医の佐々木正美先生の講演録(中部コミュニティカレッジ:佐々木正美  学習会)でした。義母の手によるものです。

自閉症とは何かが端的にまとめられていたので、転載します。


続きを読む "佐々木正美先生講演レポート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「君は君 我は我也 されど仲良き」

先日、ネットで七五三の写真集をつくったのですが、そのとき、トムとジェリーがじゃれあっている写真に「いつまでも 仲良く」というキャプションを入れたんです。

でも、トムとジェリーにも一冊ずつ印刷してそれぞれに残そう、と思ったとき、この言葉はもしかしたら思春期のジェリーに重くのしかかるかも知れない、と気づきました。

「いつまでも仲良くね」なんて、親の希望をそのまま残したりするのは、押しつけがましいかも知れない…。杞憂かも知れないけれど…。


続きを読む "「君は君 我は我也 されど仲良き」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「千住家の教育白書」

この夏、「千住家の教育白書」を読み、千住文子さんの子育てに感銘を受けました。わたしの理想がそこにあったというか。

この本は、子ども3人を全員別の分野の芸術家として一人前に育て上げた千住文子さんによる家族史です。読む前は、家族中で芸術に舵を切った、庶民には手の届かない特殊な家庭の物語かと思っていました。けだし、直球ど真ん中の子育て論であり、家族愛の物語でした。

091104book1


読む前とまったく印象が違ったのが、子どもたちの学歴のことです。わたしはてっきり、有名私立の小・中・高校に在籍しながら二足のわらじを履いたことで芸術的に花開いたし、2人の息子さんが芸大にも合格できたのもその二足のわらじゆえかと思っていました。

同じような学歴で似た道を歩いている方を知っていたからかもしれません。


もちろん、大らかな校風や途中の中高受験のプレッシャーがなかったからこそのびのびと青春を謳歌できたのはあったかと思います。でも、芸大受験にあたっては、ふたりともエスカレータ−で高学歴が約束された母校の大学生になるのをやめ、背水の陣で受験に臨んだことを知り、そういうことだったのかと全てが合点しました。

大学教授だったお父様の考えがすばらしいのです。

続きを読む "「千住家の教育白書」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2次障害ゼロなNくんのこと

お子さんの誕生を間近に控えたNくんが、わが家に赤ちゃん用品をとりにきました。

Nくんは夫の教え子で、来年の4月にはハーバード大学への留学が決まっています。Nくんの奥様も夫の教え子なので、家族ぐるみのつきあいをしており、トムのこともよく知っています。

彼の人生はちょっと変わっていて、彼自身も私から見るとそこそこ変わっていて(夫の職場は変人大集合なので、あまり驚きませんが…)、彼はトムの障害の具体的な内容を知ったとき、「ぼくもそうかも知れない」と思ったそうです。

というのも、夫から勧められて「くらやみの速さはどれくらい」を読んだのだとか。ちなみに、一緒に読んだ奥様のAちゃんは「ぜったいそうだよ!!」と断言してるらしい。

Nくんが平坦なエリート街道を歩いてきたわけでないことは知っていたんですが、今日は、ケーキを食べながら、彼の今までの人生を根掘り葉掘り聞かせてもらいました。

発達障害の子の参考になるんじゃないかと思って…。


続きを読む "2次障害ゼロなNくんのこと"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「語りかけ」育児のススメ

サリー・ウォードの「「語りかけ」育児」について、以前の記事を編集して再掲します。

トムの出産前後に育児書として話題になっていたこの本。買ったものの話をする気配のないトムには無縁と決めつけ、しまいこんでいました。ところが読み返して、目次の手前、かなり目立つ場所に紹介されている、翻訳に関わった方々の肩書きに目を奪われました。それぞれ、療育園、LD協会、子ども発達教室、地域療育センター、福祉センター…、発達障がい児ケアの最前線におられる方たちです。

…実はトム向け?


続きを読む "「語りかけ」育児のススメ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト」

自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト」、読了。自閉症児のパパ、そらパパの本です。

6章の「自閉症療育の全体像」、7章の「明日から実践できる療育のアイディア」が特に参考になります。

選択肢の提示方法が文字つきでわかりやすかったので、PECSの選択場面で取りいれてみようかな。週間スケジュールの掲示も、100円ショップのお薬ポケットを使っていて、これならはじめやすいかも!

090415book1


続きを読む "「自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シュタイナー教育

トムの特徴を拾いながら、過去のブログ記事を読み返しています。

昨年の6月にシュタイナー教育についておさらいした日記(「シュタイナー教育」)があり、シュタイナー教育からの子育てのヒントを箇条書きにしていました。


俗っぽいわが家にこんな生活は無理だよな〜と当時は思っていたのですが、頭のすみに残っていたのでしょうか。今では思いのほかシュタイナーの考え方に沿った暮らしをしていて、その暮らしに満足しています。

守っていないのは、親の就寝時間と、曜日ごとの遊びかな。最近、テレビはほとんどつけていません。深夜と早朝に大人だけでちょこっとつけるほかは、ラジオ。NHKはネットのオンデマンドで、それ以外のおもしろいコンテンツはyou tubeで。テレビをつけていないので、子どもたちはDVDの存在を忘れてしまいました。幼いわが子らは、テレビ≠インターネットと思っている節あり。

やれモンテッソーリだの、やれシュタイナーだの、しっかり実践している方にはつまみ食いみたいで申し訳ないですが、無理しない程度のシュタイナー的生活は、情緒の安定が必要なトムみたいな子にあってるような気がします。

記事を再掲します。


続きを読む "シュタイナー教育"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いい音ってなんだろう」

090123book1

「ピアノ調律師の仕事は、その気があれば誰にでも可能な職業である。(中略)

素質が第一と言われるが、これは勉強訓練の結果、出てくるものである。やる気の他に、音が好きであること、探求心を持つこと、忍耐力があること、そして感性を磨くことである」

と、はじまる。

ここで、ふーん、調律師って努力次第では誰にでもなれそうね、などと思ってはいけません。


続きを読む "「いい音ってなんだろう」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)