カテゴリー「 ◆ ことば」の32件の記事

Voice4uとdrop talk

もうずいぶん前から、トムの遊び道具にiPadやiPod touchが加わっています。

日々使いこなし、遊び道具として親しんでいるトムですが、これだけ機械に親近感を持てたのであれば、そろそろ本来の親の目的(言葉を育てたり、勉強をしたりする)を少しずつ挟んでいっても大丈夫かなと、最近思うようになりました。

iPadに様々な可能性がある分、トムにとって勉強のためのやっかいな道具としてだけ存在しないよう、ここまで結構気を使って機械とつきあってきました。ゲームアプリひとつとっても、トムの今の課題とトムが好きそうな種類のゲームの組み合わせを慎重に見極めながら、ひとつひとつ導入。おかげで、空間認知など、ゲームを通してずいぶんいろいろな能力が伸びてきたように感じています。


続きを読む "Voice4uとdrop talk"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「しつもーん。トムくん、教えて?」

「しつもーん。トムくん、教えて?」が、Q and Aのやりとりのスタートの合図になってきました。

(1)質問である
(2)トムに向けて聞いている
(3)答えを必要としている

という決まったかたちが必要なようです。

たとえば、

「しつもーん。トム、教えて~。これ、なあに?」「イチゴジャム、です」
「しつもーん。トム、教えて~。次はどっちの道に行きたい?」「こっち~(右を指差す)」

みたいな感じで使います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミュメモを使って

最近、トムがお風呂から勝手にあがってるので、お風呂のなかできちんと身体を洗ったりお湯につかったりしてるのか知りたくて、コミュメモでこんなやりとりをしてみました。

これも会話ね。

101002conversation1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵会話

絵を交えたコミュニケーションがどんどんつながっていくトムと私。質問と答え(複数の選択肢)を紙に書いて鉛筆を渡すと、答えの選択肢の中からひとつ選んで○をつけられるようになり、字や絵をつかっての会話が一部成り立つようになってきました。

伝わるって嬉しい。伝えてもらえるって嬉しい。

昨日の絵会話は、「ボーネルンドに、ジェリーとお母さんと一緒に行きたいですか?」トム「ボーネルンドには行きたいが、ジェリーとは行きたくない!」はい、わかりました。

わが家の絵会話はPECSとも違って、どんどんオリジナル化してきています。結局、理論を下敷きに、目の前の子どもと呼吸をあわせてニーズをすりあわせていくしかないんだなーと、近頃しみじみ思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記を書く(1)

トムの日記。

夏休み前からこんな感じで書かせてます。絵カード+ひらがな一覧を手がかりに。毎日だとしんどいから、書けるときに。

100923diary1


続きを読む "日記を書く(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつ間違いを正すか

いつ?(When)をずっと「何月(なんがつ)?」と言い間違えてたジェリーに、やっと正しい言い方を教えました。たとえ間違えて使っていても、用法を定着させた後で間違いを正した方が合理的。ジェリーからSTの呼吸を手習い中の母です。

正しい用法にこだわるよりも、本人のモチベーションを育てる方が、数倍大事ですね。STの先生からも「まずは本人の言いたいように言わせてOK」と。意味が伝わればとりあえず前進、みたいな考え方かな。ジェリーにはモグラ叩きのようなダメだしは向いてないと思って(私がそういうの嫌いだから)、意識してダメだしを避けてみたんですが、障害のある子も同じ気がします。

意欲こそが言葉を伸ばすし、コミュニケーションの本質は言葉の正しさでなくてよいと思う、今日この頃。先回りして予習的に早期教育を行うのが療育で、復習的な関わりをするのが教育?復習メインじゃ障害児は伸びていかない??

ああ、また堂々巡りの命題に戻ってしまった。

「障害のある人の今を×と考えて、それを○にしようとしいるだろう。それではだめだ。今を○と考えてスタートして、後になってから、『ああ、あの頃は、×だったな』と思い返すようにしなければダメだ」冨安芳和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次は「分類」

トムが外食先で、「お水をください」と店員さんに頼んだあと、おもむろに「喉がかわいた」と。

初コメントに驚き、盛り上がる両親の姿に、店員さんの目が点。そうだよね、「お水をください」は言えてたもんね。理解しにくいだろうな〜。

続きを読む "次は「分類」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉のかたまり

音読の練習。夏休み中は、教科書だけじゃなく絵本も使っています。

このところトムが選ぶ絵本は「たべたいな」。

ゼリー、クッキー、ヨーグルト、たまごぼうろ…。くいしんぼうのトム、この絵本を飽きもせず何度も読んでいます。字が読めることが嬉しいらしく、情報を得るためというより、知っている文字を声にだして読むのが楽しそう。ジェリーも昨年のクリスマスの頃にそういう時期がありました。遊びの一種なのだと思います。

100729book1


続きを読む "言葉のかたまり"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「トイレ に いってきます」

PECSを使ってトイレの希望を出させると、トイレが希望制になるし、承認が必要な事柄が増えてよくなさそうなので、PECSで「トイレにいきたいです」と言わせるのをやめました。

でも、「トイレ!」と叫んで飛び込んでいくのを、何とかもう少しお行儀良くさせたいな〜と思って、トイレの扉に、こんなの貼ってみる。「どうせ言うなら」的な対応です。

「トイレに いってきます」

100327toilet1_2


 

続きを読む "「トイレ に いってきます」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しりとり!!!

トム、寝る前の布団のなかで、わたしとしりとりができました!それも、10回くらい続いた!!!

感動…。

このところ、トムとジェリーを一緒に車に乗せているとき、私とジェリーでやっていたんです。しりとりをこんな風にぜんぶ言語化して。


ジ「アイス」

私「アイス…スで終わったね。次はスではじまるものだね。スではじまるものは何かなあ。お母さんの番だね。言うね」

私「スイカ、はどうかな」

私「スイカ…カで終わったね。次はカではじまるものだね。カではじまるものは何かなあ。次はジェリーの番だね、ジェリーが教えてくれない?」

ジ「カメ」

私「カメ!いいね!いい答えだね!!」


 

続きを読む "しりとり!!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)