カテゴリー「 ■ はじめに」の2件の記事

トムの年表(2008年11月時)

2002年5月
トム誕生(第一子)。

2003年11月
1歳半児検診。トムは言葉がしゃべれず、かなり若い保健士から「親が話しかけていないせいだ。きちんと絵本くらい読んでやっているのか。これから、絵本の読み方を指導してやる」と高飛車に言われ、トムママ、頭に血が上る。療育に関して旧態依然とした東北の地方都市で、発達の遅れに関して相談をする窓口もなければ、LDも教師から親のしつけのせいにされて終わる土地柄でした。

2004年
遠くの町から転居後、なーんかおかしいぞーというわけで、各種公的機関への相談をくりかえし、やっと△△市の療育グループにたどりつく。ただでさえ足りない療育システム、転居者には不利ですなー。この市の1歳半児検診では、言葉が遅い子をあとからフォローアップする仕組みがすでに整っていました。お友達に誘われて、スイミングに通っていました。

2005年10月
大学付属病院の児童精神科で教授による週1回のプレイセラピーがはじまる(〜2006.11)

2006年6月
市の親子療育グループを卒業し、週3日のデイサービス通所がはじまる(年少時)

2006年10月
療育手帳B1取得(知的障害を伴う自閉症)

2006年12月
△△市から□□市へ転居:△△市の福祉施設「○○園」のお友だちに別れを告げ、□□市の幼稚園に転園。□□市にも福祉施設はあったんですが、定員オーバー&ひどく曖昧な対応に、行く気が萎えました

2007年1月
妹のジェリー誕生:トムくん、ショックでひどーい赤ちゃん返り。一ヶ月くらい裸で暮らしました

2008年4月
幼稚園の年長さん:ビンボー自治体ゆえ?幼稚園のポリシーゆえ??加配なし。加配はなくとも、園長・副園長夫妻がもともと障害者施設で働いていた方なので、かなり安心して預けています。

2008年10月
療育手帳再判定:A2取得(知的障害を伴う自閉症)

2008年11月
民間療育機関での勉強がスタート

目下の悩みは就学問題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめまして☆

はじめまして。

ブログを始めるにあたり、私たち家族の簡単な紹介など。

ムスコ:
トムくん。2002年5月生まれ。障害にたいへん理解のある幼稚園の年長さんです(ただし加配はなし)。5月で6才になりました。
今年度にはいるまで、ほとんど言葉はしゃべれず。見事な凸凹ちゃん。ティピカルではない自閉症です。誕生日を迎える頃、急に言葉が出始め、今は挨拶とお願いの練習中です。

ムスメ:
ジェリーちゃん。2007年1月生まれ、1才のやんちゃ盛り、イヤイヤ期突入中。
イヤイヤも人見知りも発語も物まねも、あらゆることを母も一緒に初体験中です。ここまで違うとは、ね。。。

パパ:
医師免許あり。ただし、非臨床系につき、我が家の主治医の座すら危うい。最初に息子の自閉症を疑い、でも、私にどう伝えるべきか相当苦悩したらしい。
現在は、私が収集した情報や組み立てたプログラムにジャッジし、道筋を示す係。家族への協力を惜しまない、マイホームパパ。

ママ:
私。情報収集および家庭療育を担当中。トムによいと聞けば、フットワーク軽くどこにでも出掛ける、我が家の突撃隊長。
時に前のめりに突っ走り過ぎて、夫からイエローカードが出る。気持ちほどには体力がないのが玉に瑕。

個性も成長のスピードもまったく違う兄妹2人。
父母の願いは、2人が仲良く助け合って生きていってくれることです。私たちも仲良く頑張るから、さ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)